体験談| 麻酔心配解決| 口コミ|  モニター|  効果|  メスで切らない| ヘルペス| 料金|

脂肪吸引体験後の後遺症やケア のページを説明

脂肪吸引体験後の後遺症やケア

脂肪吸引を医院で受けたあと、気が堕ちてしまったり、脂肪吸引後にヘルペスになる、とよく脂肪吸引体験者から耳にすることがあります。

脂肪吸引は、リバウンドしにくい、リバが無いの売りでしょうといわれていますが、実際、半年、3ヶ月で見ると、脂肪吸引後も十分にリバウンドはありえます。
しかし、脂肪吸引の今回の問題は、「ヘルペス」等の後遺障害です。

”後遺障害”というと、まるで何か恐ろしいものに聞えてしまいますが、
脂肪吸引後、ヘルペスになる、と言うのは、本当によくある例です。

脂肪吸引後の後遺症や後遺障害においては、

一度、脂肪吸引施術予定の先生にメールでヘルペスの件を相談するのが良い、とされています。

ヘルペスにも色々種類があり、ウィルス性のものから
帯状疱疹にまで発展するヘルペスがあります。


・帯状疱疹とは
原因として、水痘・帯状疱疹ウイルスが悪さをして起こす病気でです。
水痘(みずぼうそう)が治癒してもウイルスは神経節の中に潜伏している状態が続いている状態を指します。ストレスや心労、老齢、抗がん剤治療・日光等の刺激によって、ウイルスが神経細胞を取り囲んでいるサテライト細胞の中で、再度増殖する(再活性化する)ことによって生じるのが帯状疱疹である。(余談だが、潜伏状態自体に害はない)
ByWikipedia




脂肪吸引をしたから、後遺症としてなるだけの病気ではないため、
大きく心配する必要はありません。

ですが、大事を見なければいけない病気である事は間違いないから、
クリニックの先生に相談することをおすすめします。

脂肪吸引は実施前、万が一の時は、キャンセル料も発生することも考えられますが、医院の担当の医師の考えに方よっては
手術の無期延期と言う事で、キャンセル料が掛からない例もしばしば。

一度、ヘルペスの数値や種類等を詳細に書いて相談してみるのが望ましいです。

脂肪吸引実施前に数値の出る病気を持っていて手術が出来るかどうか分らない場合は、メールで血液検査等の資料をメールで送って相談できます。

脂肪吸引予定の担当医師からは、
「大丈夫ですよ」と言う返事を貰った後で、脂肪吸引外科手術(オペ)を
してもらった、という場合も多いです。

自分の身体の事ですので、
そう言う相談ににも乗ってくれるクリニックなら、
手術後も更に安心できしますし、

脂肪吸引は、体の脂肪を科学的物理的に吸引するのもですから、
身体には負担がなにかと多くかかってきます。

ですから、こういった脂肪吸引に関しての、
医師とのコミュニケーションが非常に重要です。

>>管理栄養士が語る「ダイエットに失敗する6つの法則」無料公開中

| 脂肪吸引体験談

脂肪吸引体験後の後遺症やケアは参考になりましたか?

脂肪吸引に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
 
脂肪吸引口コミブログのリンクについて
はリンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]脂肪吸引モニター受付中医院情報
>>[次]メスを入れない脂肪吸引無料トライアル体験記セルライトカットアンチエンジングとは

脂肪吸引モニター口コミブログ/脂肪吸引で失敗しない為にのTOPへ
"脂肪吸引体験後の後遺症やケア"のTOPへジャンプ