体験談| 麻酔心配解決| 口コミ|  モニター|  効果|  メスで切らない| ヘルペス| 料金|

脂肪吸引後になるヘルペスとは? のページを説明

脂肪吸引後になるヘルペスとは?

脂肪吸引と密接に関係のある、ヘルペス。

今回は脂肪吸引の記事ではなく、メスを使用する通常の吸引を行った際に出る、ヘルペスについて書いてみる。
・ヘルペスって何?ヘルペスとは

ヘルペスとは、ウイルス性の病気。

実は8種類あるヘルペスウイルスですが、ここでは様々なヘルペスウイルス感染症のうち、水ぼうそう(水痘=varicella)、帯状疱疹(herpes zoster)単純ヘルペス(herpes simplex)、についてお話します。

ヘルペスウイルスに共通する、全てのヘルペスにいえることなんですが、
特徴はそのしつこさなんでです。体の中にいったん入りこむと、
症状が治まったあともずっと体内に居座ることがヘルペスの大きな特徴です。

1)単純ヘルペスとは?

 単純ヘルペスは、口唇(こうしん)ヘルペスと陰部ヘルペスおよびそれ以外に分けられます。

初めて単純ヘルペスウイルスが感染する時(初感染するときは)には
強い症状がでる場合と症状なしに入りこむ場合(不顕性感染と医師は呼ぶ)があります。

粘膜・皮膚が直接接触することで接触感染します。

したがって、陰部ヘルペスは性感染症として扱われます。
いったんウイルスが入りこむと症状が治まった後も、口囲や陰部の神経細胞にウイルスは残るため、局所の免疫力が低下した時(かぜをひいたり、紫外線にあたった時)に再発を繰り返します。

再発時の症状は概して、初感染時よりも軽いのが普通です。

アトピー性皮膚炎が基礎にあるために、単純ヘルペスウイルスが皮膚から直接入りやすくなって起こる症状が、カポジ水痘様発疹症とよばれています。

口唇ヘルペスがあるお母さんがアトピー性皮膚炎の赤ちゃんに頬ずりをスルだけで、感染する例もあります。


2)水ぼうそう、帯状疱疹
 
水疱瘡と、ヘルペスは違う認識で捉えられていがちですが、
水ぼうそう(水痘)と帯状疱疹は同じウイルスが原因だそうです。

このウイルスを水痘・帯状疱疹ウイルスといいます。

水痘・帯状疱疹ウイルスの初感染が水ぼうそうで、多くは子どもの時に経験します。

水ぼうそう感染者の、咳しぶきなどを吸い込むことで感染します。

水ぼうそうが治ったあともこのウイルスは知覚神経の根元に居座る特性があり、大人になってたまたま免疫力が低下した時に神経節から神経を伝って皮膚にでてきます。

いわば局所で水ぼうそうの再発が起こった状態ですが、この再発を帯状疱疹といいます。

帯状疱疹と呼ばれるゆえんは、
一定の神経支配領域、つまり、片側だけに帯状に症状が現れるためだとされています。

>>管理栄養士が語る「ダイエットに失敗する6つの法則」無料公開中

| 脂肪吸引とヘルペスの関係

脂肪吸引後になるヘルペスとは?は参考になりましたか?

脂肪吸引に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
 
脂肪吸引口コミブログのリンクについて
はリンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]メスを使わない脂肪吸引BTB脂肪排泄システムセルライトカット体験記其の弐
>>[次]脂肪吸引後のヘルペスの対処の仕方

脂肪吸引モニター口コミブログ/脂肪吸引で失敗しない為にのTOPへ
"脂肪吸引後になるヘルペスとは?"のTOPへジャンプ