体験談| 麻酔心配解決| 口コミ|  モニター|  効果|  メスで切らない| ヘルペス| 料金|

脂肪吸引後のヘルペスの対処の仕方 のページを説明

脂肪吸引後のヘルペスの対処の仕方

脂肪吸引後、免疫力の低下、体調不良などで体がナイーブな状態になり、
ヘルペスに感染したことがある方は再発したり、空気感染などで脂肪吸引後にヘルペスに感染し、発病するそうです。
ヘルペスの症状は、以下のとおりです。
該当していれば、睡眠時間を3〜4時間とり、
脂肪吸引を受けた医院へ相談し、抗生物質などを処方してもらって下さい。

早い方は約7日で、脂肪吸引後のヘルペスを完治させた例もあります。







ヘルペスの症状



1)単純ヘルペス
 単純ヘルペスのうち口唇ヘルペスの初感染では、口唇、歯肉、口腔粘膜に痛い水疱、びらんがみられ、首のリンパ節も腫れます。

痛みのため食事をとるのもつらい場合があります。

陰部ヘルペスの初感染でも強い痛みを伴う水疱、びらんがみられます。

・びらんとは?
ただれ。皮膚や粘膜の表面の組織がくずれて内部の組織が顔を出している状態。



ちょっとこれは情けない話ですが、笑ってもいられませんので、
真剣に書きますが、

排尿困難歩行困難になることもあります。

再発性のヘルペスでは、初感染時より症状が軽い場合が普通です。

水疱が多発し、高熱を伴うのは、カポジ水痘様発疹症というヘルペスです。

2)水ぼうそう、帯状疱疹


 水ぼうそうは、最初虫刺されのような赤みが数個でることから始まり、比較的急速に全身に広がり、次第に水疱がはっきりしてきます。

水疱は中心部が凹んでいる異様な形状が特徴で、
まわりに赤みがあるのが特徴です。

子どもでは全身症状は軽いことが多いのですが、
大人のほうが危険で、高熱を伴います。


 帯状疱疹(たいじょうほうしん)は、1つの神経の支配領域にそって皮疹(ひしん)がでてくることが特徴です。

皮疹は局所にできた水ぼうそうの状態ですが、様々な程度の神経痛のような痛みがあります。

痛みはブツブツが形になる前から、みられることが多く、
夜も眠れないほどの強い痛みを生じることもあります。

そして、とくに60歳以上の方に多いのですが、ぶうぶつが消えたあとも痛みが残ることがあります(帯状疱疹後神経痛といいます)。

-病名発音講座-
帯状疱疹後神経痛
(たいじょうほうしんごしんけいつう)


帯状疱疹の際、全身にぱらぱらと水ぼうそうのような
水疱(すいほう)がみられることがありますがこれはウイルスが血行とともに広がったことを意味します。

 単純ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹の場合、いずれも重篤(じゅうとく)な合併症として、髄膜炎を起こすこともありますので注意が必要。

また、帯状疱疹の際、おでこから頭の領域では、
眼の角膜も侵されることがあります。

耳の領域では、聴神経と顔面神経に影響がでる可能性があります(ラムゼイ・ハント症候群:耳鳴り、難聴、顔面神経マヒ)。

ヘルペスは「放置」しておくと、直らない後遺症を招く可能性があります。
継続する痒みや痛み、歩行困難は、必ず医師の診断を受けましょうね。

>>管理栄養士が語る「ダイエットに失敗する6つの法則」無料公開中

| 脂肪吸引とヘルペスの関係

脂肪吸引後のヘルペスの対処の仕方は参考になりましたか?

脂肪吸引に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
 
脂肪吸引口コミブログのリンクについて
はリンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]脂肪吸引後になるヘルペスとは?
>>[次]脂肪吸引(新型)・BTB脂肪排泄システムと他の痩身法との比較

脂肪吸引モニター口コミブログ/脂肪吸引で失敗しない為にのTOPへ
"脂肪吸引後のヘルペスの対処の仕方"のTOPへジャンプ