体験談| 麻酔心配解決| 口コミ|  モニター|  効果|  メスで切らない| ヘルペス| 料金|

脂肪吸引(新型)・BTB脂肪排泄システムと他の痩身法との比較 のページを説明

脂肪吸引(新型)・BTB脂肪排泄システムと他の痩身法との比較

BTB脂肪排泄システムを前回の記事で紹介しましたが、従来の脂肪吸引のリスクである、高額、歩行困難、傷が消えない、ヘルペス再発、感染をほぼ完全に消した、まったく新しい脂肪吸引もとい、脂肪排泄方法でした。

では、脂肪吸引BTB脂肪吸引排泄システムの具体的な比較をしてみましょう。









従来の脂肪吸引




脂肪吸引とは特殊な装置を使ってお腹や太腿などの脂肪吸引して取り出し、体型を整える美容整形手術吸引量に限界があるため、ダイエットとしての効果は少ないが、脂肪細胞自体が減るのでリバウンドはないといわれる。一方、脂肪吸引による血管の損傷などによる事故の報告も少なくない。最悪の場合死亡するケースもあり、リスクを知った上で治療を選択するようにしたい。(はてなダイアリーより)


カニューレというパイプを体内へ挿入し、脂肪球をダイレクトに吸引する方法で脂肪吸引は、脂肪のついた部分から脂肪組織を除去し、体型を整えるための治療です。脂肪吸引は米国ではとても人気が高く、年間30万件以上の手術が行われていると言われます。

美容外科で行われる脂肪吸引は、脂肪を吸い出す手術です。
正確には脂肪を貯め込む場所である脂肪細胞を除去する手術のことを意味します。つまり除去した脂肪細胞が増えることはないのでリバウンドの心配がない、といわれていますが。例外もあるようです。

また、セルライトの除去という観点からいうと最も効果があるという説から全く効果がないとする説があり、効果があるとする説は、セルライト毎そのまま吸引してしまうからだというのですが、逆の説ではセルライトのある表皮近くの脂肪は吸引されないからだと言うわけです。

ややこしいことをいっていますが、要約すると、
セルライト除去による減量方とは全く異なった方式術式である、ということです。

セルライトの除去にはあまり向いていないとの説明がありました。逆に吸引にムラがあると肌にデコボコが生じるリスクがあります。

アメリカのFDAの脂肪吸引の解説サイトより


従来の脂肪吸引は、1回あたりの吸引量が300gまでと限られているため、一度の外科手術(脂肪吸引)による減量の限界がある。

脂肪吸引を実施するのに、コストが高額で参考市場価格は、

  • おなか部分=約600,000円

  • ふともも=約400,000円

  • ふくらはぎ=約300,000円


が、一般的な脂肪吸引の価格です。

エンダモロジー(痩身法またはダイエット)との比較



ダイエット食品と併用して行う方法が主流で、痩身よりも筋肉を作り上げることが基本。直線的なローリング方法なので技術に差が出る場合もある。

結果が個人差が極端に不安定との実践者の声も。

おなか、背中などの大きな面積部には効果がでやすい。
が、細かい部分には不向きで結果が判断しにくい。

・エンダーモロジーの料金

1回あたり約12,000円〜20,000円

脂肪吸引と同じくらいの結果を出すのに、20回以上実施が必要で、
合計240,000円〜400,000円結局かかってしまう。

※別途施術用下着代やダイエット食品代が必要の場合あり、あくまで目安。

・美容機器の違い

・二の腕やふくらはぎなどの細かい部分の施術ができない。
・直線的なトリートメントしかできない。
・カーブ面での吸い付きが不可能。


新型脂肪吸引BTB脂肪排泄システム特徴



メスを使わない方法で脂肪吸引なみの効果が得られる。オイルを使ってのトリートメントなので吸着力がよく、自由自在にローリングできる。

新型脂肪吸引BTB脂肪排泄システム効果



今までのダイエットでは難しかった
二の腕やふくらはぎの痩身にも効果があるとの話。
リンパ管のつまりや固太り(セルライトの溜まりすぎ)にも対応

新型脂肪吸引BTB脂肪排泄システム料金


〈1ヶ所の場合〉
220,000円相当=105,000円(税込)
〈全身5ヶ所の場合〉
1,100,000円相当=399,000円(税込)
(いずれも14回分)

・直線斜めなど自由にトリートメント可能。
・カーブ面でも機器の吸い付きが良い。
・細かい部分の脂肪排泄施術(セルライトカット)が可能。
・オイル使用で密着性が高く、リラックス性が高い(痛み等の時間が短い)

部分的な脂肪を減らしたい場合、どう考えても、
BTB脂肪排泄システムが
料金的にリーズナブルではありますが、
「リバウンド」「継続性」を考えると、従来の脂肪吸引も捨てがたい。

脂肪吸引は、医院へまず電話で問い合わせをし、十分に検討して、
脂肪吸引を実施するとよいでしょう。

一度、無料トライアルに参加する口実で医院に接触し、
整形美容外科にアポを取り、様子を伺ってみるのが良いのかもしれません。

>>管理栄養士が語る「ダイエットに失敗する6つの法則」無料公開中

| メスを使わない脂肪吸引情報集

脂肪吸引(新型)・BTB脂肪排泄システムと他の痩身法との比較は参考になりましたか?

脂肪吸引に関して他にありましたら、こちらからお調べ下さい^-^
 
脂肪吸引口コミブログのリンクについて
はリンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]脂肪吸引後のヘルペスの対処の仕方
>>[次]脂肪吸引体験談

脂肪吸引モニター口コミブログ/脂肪吸引で失敗しない為にのTOPへ
"脂肪吸引(新型)・BTB脂肪排泄システムと他の痩身法との比較"のTOPへジャンプ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。